個人事業主の確定申告ならクラウド会計ソフト「やよいの青色申告オンライン」がおすすめ!

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

※このブログは「個人事業主ってどう確定申告すればいいの!?」「よく分からなくて白色申告しちゃった…」という方に向けた内容になります

こんばんは、ゾノ( @ozonosho )です。

本日3/15は確定申告の締め切り日!
税務署はあいかわらずの大行列。毎年締め切り日ギリギリの提出になってしまうのは僕だけではない模様でしたw

なにはともあれ今年も無事に確定申告を終えました。
これもすべて青色申告用の会計ソフトのおかげです…!

僕自身は個人事業主として10年間ほど確定申告をしてきました。
そんな僕の歴史のなかで、最も後悔しているのが「初年度に白色申告で提出してしまったこと」であり、次に後悔しているのが「3年目まで会計ソフトを導入しなかったこと」です。

その理由は後ほど説明するとして、これらの後悔から僕が学んだことは下記の3つです!

  1. 個人事業主は絶対に青色申告をしたほうがいい
  2. 個人事業主は絶対に会計ソフトを使ったほうがいい
  3. 会計ソフトは絶対にクラウド版がいい

本当にそうなんです…!

そのため今日のブログでは上記3つの理由を説明したうえで、これらを一挙に解決してくれるクラウド会計ソフト「やよいの青色申告オンライン」をご紹介します。

確定申告に迷える個人事業主たちの助けになればと思います^^

個人事業主は絶対に青色申告をしたほうがいい

まず大前提として!
個人事業主は絶対に青色申告をしたほうがいいです。

ご存じの方も多いと思いますが、個人事業主の確定申告には「白色申告」「青色申告」の2種類があります。

2つの違いを簡単に説明するなら「白色申告は手間が少なく楽ちん」で「青色申告は手間がかかるが節税効果が高い」・・・とこれまでは言われてきましたが、平成26年1月からすべての白色申告者に帳簿への記帳が義務づけられたため、もはやどちらの手間も大差ありません。

それにもかかわらず青色申告の場合は「複式簿記での記帳をすることで65万円の控除を受けられる」「赤字を3年間繰り越せる」という強烈なメリットがあるので、もはや青色申告にしない理由を探すほうが難しいです。
※青色申告だからといって複式簿記をしなければいけないわけではなく、白色申告同様に単式簿記での提出も可能です

65万円の控除を受ければ納める所得税は2万円ぐらい減るし!
特に初年度は開業費用(経費)が大きくかかることが多いので、赤字を繰り越せば翌年度は「黒字なのに税金納めなくていいヤッホー♪」なんて恩恵を授かることもできます!

僕は個人事業になりたてのときに「65万円の控除」とか「赤字を繰り越せる」とかのメリットがいまいち分からなくて、2年ほど白色申告をしてしまいました。そして今そのことを大変に後悔しています。。。

個人事業主は経費をうまく活用できるかどうかで「手元に残るお金」「納める税金」が大幅に変わってきます。このへんも面白い話なのでまた別途ブログに書きたいなぁ。

とりあえずは、個人事業主は絶対に青色申告をしたほうがいいってことです!

個人事業主は絶対に会計ソフトを使ったほうがいい

次に!
個人事業主は絶対に会計ソフトを使ったほうがいいです。

会計ソフトを使ったほうがいい理由は「複式簿記(+確定申告に必要な書類作成)をすべて自動でやってくれるため」です。

先ほど青色申告の場合は「複式簿記での記帳をすることで65万円の控除を受けられる」と書きましたが、複式簿記での記帳には最低「簿記3級」の知識が必要です。

簿記が好きなら自分で勉強するのも良いと思いますが、経営者にとって大切なのは「簿記ができること」ではなく「会計を読めること」なので個人的には面倒な複式簿記は会計ソフトにやってもらうのが吉だと考えています。

個人事業主の青色申告に使える会計ソフトとしては「やよいの青色申告オンライン」「会計ソフトfreee」の2つが有名です。どちらも毎日の売上・経費さえ簡単に入力しておけばあとはボタン1つで複式簿記によるすべての書類作成を自動でやってくれます。

余談ですが、確定申告の時期に記帳方法や書類作成方法が分からなくて税務署の窓口にいくとホント混みすぎてまともに並べたもんじゃありません。2~3時間並んでアドバイスをもらって、直して、また2~3時間並んでアドバイスをもらって…という地獄ですw

会計ソフトを利用するようになってからは必要書類作成の手間が一切かからないので、僕みたいに確定申告締め切り日当日に税務署にいったとしても確定申告は書類提出だけの5分で完了しちゃいます。

一度この快適さを味わったら、もう手動には戻れません…。

そんなわけで、個人事業主は絶対に会計ソフトを利用したほうがいいです!

会計ソフトは絶対にクラウド版がいい

最後に!
会計ソフトは絶対にクラウド版を使ったほうがいいです。

個人事業主として早10年。
僕は3年目~8年目まではパッケージ版の「やよいの青色申告」を使ってきました。

「やよいの青色申告」は個人事業主にもっとも多く使われている会計ソフト!
とにかく日々の会計入力が簡単で、銀行の入出金データを自動で引っ張ってきてくれるなどの便利機能もあり、会計の手間を可能な限り省いてくれます。前年のデータを引き継ぐこともできるし、売上や経費の推移をグラフで視覚化してくれるので、事業の経営状況も簡単に把握できます。

そんな「やよいの青色申告」のクラウド版が一昨年ぐらいに発売されました。
インターネット上ですべての会計作業ができることに魅力を感じて早速購入してみたのですが・・・2年間使ってみての素直な感想は「思ったとおりメッチャ便利!」の一言に尽きます。

まずはスマホでも作業・閲覧できること!
パッケージ版ではソフトをインストールした自分のPCでしか会計作業ができませんでしたが、クラウド版はログイン情報さえあればどこからでも接続できるのでスマホでの作業はもちろんのこと家でも漫画喫茶でも作業できます。さらに僕の場合でいえば他の方に代理で作業をお願いすることがあるので、クラウド版じゃなきゃそんなことは不可能です。

それにもかかわらず圧倒的に安い!
パッケージ版のときは「12,960円/年」かかっていましたが、クラウド版に変えてから「8,640円/年」になりました。しかも先ほど書いたとおり「複式簿記による青色申告をすれば納税額が年間2万円ほど減る」ので会計ソフトを買っても結果としてお金が増えるんですよね。クラウド版を買えばなんと1万円以上もお得になります。・・・控除ってすごい!

データが安全!
確定申告のデータって基本的に毎年引き継いでいくものですが、僕は過去にPCが故障してすべてのデータが消えたことがあります。。。こういった場合、パッケージ版だと修復不可能です。PCは寿命もあるのでデータがクラウド上で管理されるクラウド版のほうが長い目でみたときには安心だなぁと感じます。

そんなわけで、会計ソフトは絶対にクラウド版がいいです!

おすすめのクラウド会計ソフトは「やよいの青色申告オンライン」!

これらの理由から、個人事業主の方にはぜひ「クラウド会計ソフトで青色申告をしていただきたい!」と感じています。

先ほども書きましたが、個人事業主の青色申告に使えるクラウド会計ソフトとしては「やよいの青色申告オンライン」「会計ソフトfreee」の2つが有名です。

どちらも使ってみましたが機能的には大差ありません。
入力スピードでいうと「会計ソフトfreee」のほうが若干早く、金額でいうと「やよいの青色申告オンライン」のほうが半額以下なので、個人的には金額を重視して「やよいの青色申告オンライン」がおすすめだと思います!

どちらのソフトも無料体験できるので、まずは2つとも無料体験版を使ってみるのもありだと思います。

やよいの青色申告オンラインはこちら

やよいの青色申告オンラインHP

「やよいの青色申告オンライン」については公式HPに詳細があるのでぜひ見てみてください。

ただでさえ利用料金がとても安くて使いやすいソフトですが、さらになんと…!

ただいま“初年度無償キャンペーン”実施中!

・・・メッチャお得!!

無料対象になっている「セルフプラン」は僕も使っているプランで、基本的にこのプランで何一つ問題ありません。

キャンペーン期間中に申し込めば2017年度分は完全に0円になるので、「個人事業主ってどう確定申告すればいいの!?」「よく分からなくて白色申告しちゃった…」という方はぜひ一度利用してみてください。

確定申告がホント快適になります…!

⇒やよいの青色申告オンライン公式HPはこちら



おすすめのブログ

個人事業主・経営者に向けたブログ

ゾノについて

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

このブログと一緒によく読まれているブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 検索

ページTOP