2018.06.02 2018.06.03

登山部レポートvol.6「山あり谷ありダムあり!渓流にいやされる古里~奥多摩ハイキング」

こんばんは、ゾノ( @ozonosho )です。

1日1ブログチャレンジは今日で25日目!
まずは昨日のブログ『Twitterで人気のスイミーさんがPieceでコラムを書いてくれることになりました!』を読んでくださった方々、本当にありがとうございます。

さて、今日はおやすみだったので、毎月の恒例行事になりつつある「登山」へいってきました。

登山は大変さよりも気持ちよさのほうが大きいんですよね。
パソコンもなくスマホの電波も入らないような場所で過ごす時間や、人なんてほとんどいなくてただただ自然に囲まれて過ごす時間は、とてもとても癒されます。

最後に書きますが、僕を含め「登山なんてしたことないよ!」っていう初心者だけのメンバーで気ままに楽しんでいるので、このブログを読んで興味が沸いた方はぜひ一緒に登山しましょう。

今回の登山は古里~奥多摩!

今回の舞台は東京・奥多摩地区。
ハイキング目的で奥多摩に行ったことがある方はご存知だと思いますが、奥多摩周辺はマジで自然に圧倒されます。

人がほとんどおらず、見渡す限り山と空と川しか見えないので、高尾山登山と同じテンションで行くと奥多摩のスケールにビックリしちゃうと思います…!

今回はそんな奥多摩地区に訪れて、古里(こり)駅~奥多摩駅までのハイキングコースを散策してきました。

古里(こり)駅から出発!


(記念の集合写真!僕は撮影係なので写っていませんw)

今日の出発地は古里(こり)駅。
新宿から2時間ほどで到着する場所にあります。

今回は僕を含めて参加者8人!
古里駅で集合写真を撮ったあとは、いよいよ出発!

まずは、駅から少しだけ街道を歩きます。
街道といっても辺り一面は山々に囲まれていて、その中を歩いていくのでハイキングコースに入る前からワクワクしてしまいます。

駅から徒歩1分も歩けばこんな道…!

道中には大きな橋なんかもあり、とても眺めの良い景色が見えました。


(大きな橋からの眺め)

新宿から2時間ぐらいの場所にこんな景色が広がっているのかと思うと、なんとも不思議な気持ちになります。

大きな橋を渡り、しばらくおしゃべりしながら歩いていると、「大多摩ウォーキング・トレイル」というコースの看板が見えてきました。

今回はこのコースを進みます!

大多摩ウォーキング・トレイル

大多摩ウォーキング・トレイルは古里駅から2つ先の白丸駅までのコース。

単純に山道を歩くだけでなく、メチャメチャ美しい渓谷やメチャメチャ冒険心をくすぐられる吊り橋を歩くことができ、さらに巨大ダムを眺めたりダムの中にある魚道を見れたりすることができちゃうワクワクいっぱいのコースです。

大多摩ウォーキング・トレイルの看板を過ぎると、さっそく登山っぽい雰囲気の道になってきました。

いきなりガチな山…w

基本的に渓流に沿って歩いていくコースのようで、道中はずっとキレイな渓流を見ながらのハイキング。

前回の高尾山登山と違って他の登山者もほとんどいなかったので、川の音や鳥の声、木々の揺れる音しか聞こえず 思いっきり自然を感じることができました。

道中には、小さな滝もありました…!

写真を見ていただくと分かるとおり圧倒的なマイナスイオン!

歩いているだけでメチャメチャ癒されます。

今日は気温の暑い日でしたが、山の中は木々に囲まれているため意外と涼しいんですよね。登り道をガシガシ歩いていても汗がすこし出るぐらいでした。

そして、歩くこと1時間!
僕らの目の前に鳩ノ巣渓谷が見えてきました。

鳩ノ巣渓谷

絶景・・・!
絶景という言葉はこのためにあるのかと、思わずそんなことを考えてしまう景色でした。

鳩ノ巣渓谷は、写真で見える川辺までおりて川を眺めることもできるし、吊り橋を渡ることもできます。

吊り橋はなかなかの圧巻です。
あと、メチャメチャ揺れます…笑

吊り橋から見る景色がとてもとても綺麗で感動しました。


(少しでも美しさが伝わると良いのですが…!)

この鳩ノ巣渓谷は紅葉の季節にはさらに見事な景色になるとのことなので、また紅葉の季節に足を運びたいなと思いました。

碧色の渓流との出会い

吊り橋を渡り終えると、しばらく川沿いを歩く道が続きます。

この川の渓流がメチャメチャ綺麗でビックリします。

色がもう青とかじゃないんですよ。
近くで見ると限りなく透き通ってどこまでも水の中が見えるのに、離れて見ると碧色という表現がピッタリのなんとも美しい色でした。

こんな美しい色の川が東京にあるんですね。

あまりにも美しすぎて、みんなでしばらくこの場で過ごしてしまいました。

気持ち良すぎてここから離れたくない・・・。
もうここがゴールでも良いのではないか・・・。
というかここはもしかして天国・・・?

そんな誘惑に惑わされながらも、一行はさらに先へと進みます。

白丸ダム

川沿いをしばらく進むと、何やらカッコいい建物が見えてきます。

ジブリの世界の中にあるようなあの建物こそ、今回のコースの目玉の1つである白丸ダムです。

近くで見るとこんな感じ。

ものすごい迫力と美しさ!

この白山ダムはなんと大規模な魚道があり、誰でも無料で入れるとのこと。

そんなわけで早速入ってみました。

白丸ダムの魚道

魚道とは文字どおり魚の道のことで、ダムによって魚の流れをせき止めてしまわないために作られます。

魚道の入口はこんな感じ。

この目の前にある丸いのが、実は巨大な螺旋階段になっています。

上から見るとこんな感じ。

すげーーw
メチャメチャ深い螺旋階段。

これをずーっと下に降りていくと魚道があります。

魚道はこんな感じの作りになっていました。

ダムの調整池から川に向かって水が流れており、水を覗き込んでみるとチラホラと魚が見えました。

なんだか社会科見学をしている気分。
とても楽しかったです^^

ダムを越えたら奥多摩駅までラストスパート

白丸ダムを越えると、あとはひたすら奥多摩駅まで進んでいきます。

道中には白丸ダムの美しい調整池が見えたり、

ネクロゴンドの洞窟があったり、

陽だまりの気持ち良い道があったり、

可愛いネコちゃんとの出会いがあったり、

たくさんの心動かされる出来事がありながら、歩くこと約4時間。

ついにゴール地点の奥多摩駅へ到着しました!


(記念の集合写真!僕は撮影係なので写っていませんw)

おしゃべりをしているとあっという間に感じましたが、それでも4時間ほどかかったのでメチャメチャ歩いたと思います。

初参加の女の子2人も登山ほぼ初めてだったのにすごい…。

とりあえずメッチャ楽しかったので、また来月もどこかの山に挑みたいと思います…!

以上、今回の登山レポートでした。

さいごに、メンバー募集のお知らせ!

僕らの登山サークル「山は逃げない!逃げるのはいつも自分だ!」では、ただいまメンバーを募集しています。

僕を含め「登山なんてしたことないよ!」っていう初心者だけのメンバーで気ままに楽しんでいるので興味ある方はぜひ一緒に登山しましょう。声をかけていただけると嬉しいです。

僕への連絡はLINE(ID:ozonosho)でもツイッターでも問い合わせフォームでも、なんでも大丈夫です!

※参加条件は特にありませんが、メンバーの年代・男女比などを合わせるため参加までお時間いただく可能性があることだけご了承ください

ゾノについて

興味ある方を探しています!

このブログと一緒によく読まれているブログ