2018.09.03 2018.09.04

WordPressでtitleタグを各記事ごとに設定する方法(カスタムフィールド利用)

WordPressでtitleタグを各記事ごとに設定する方法(カスタムフィールド利用)

こんにちは、ゾノ( @ozonosho )です。

さて、今日のブログではWordPressでtitleタグを各記事ごとに設定する方法を紹介したいと思います。

titleタグを記事別に設定するためにプラグイン「All in One SEO Pack」「Yoast SEO」などを利用する方が多いですが、いずれも多機能ゆえにサイトの表示速度が遅くなってしまうので、ここではプラグインを使用せずに簡単に実装する方法をお伝えします。

WordPressでtitleタグを各記事ごとに設定する方法

実装は下記の3ステップでおこないます。

  1. 記事投稿画面にtitleタグ入力用のカスタムフィールドを作成する
  2. 記事の保存時にカスタムフィールドの値も保存する
  3. titleタグにカスタムフィールドの値を出力する

それぞれ解説していきます。

①記事投稿画面にtitleタグ入力用のカスタムフィールドを作成する

まずは記事投稿画面に下図のようなtitleタグ入力欄をつくります。

実装は簡単で、functions.phpに下記のコードを追加してください。

これで投稿画面にカスタムフィールドの入力欄が作成されます。

②記事の保存時にカスタムフィールドの値も保存する

titleタグ用の入力欄を作成したので、次は入力された内容を保存するための処理を加えます。

functions.phpに下記のコードを追加してください。

フック「save_post」を利用すれば記事を保存するタイミングで処理を追加することができるので、ここでカスタムフィールドの値も保存するようにします。

③titleタグにカスタムフィールドの値を出力する

ここまででtitleタグに設定したい内容を入力・保存することができたので、あとは保存した内容をtitleタグに出力すればOKです。

出力方法は通常のカスタムフィールドと同じなので下記のとおりです。

これをtitleタグに出力しましょう。

titleタグの表示処理はテンプレートごとに異なるため共通した処理を紹介するのは難しいのですが、下記のように記事ページの場合にカスタムフィールドの値を出力するようにしてください。

get_fieldでカスタムフィールドの値を取得できるので、値がある場合にはその値をtitleタグに設定し、値が無い場合には記事のタイトルをtitleタグに設定するようにしています。

これで各記事ごとにtitleタグを設定できるようになりました。

titleタグはSEO上とても重要な要素なので、細かく調整したい方はぜひ活用してみてください。

おわりに

以上、今回の記事ではWordPressでtitleタグを各記事ごとに設定する方法を紹介させていただきました。

当サイトではWordpressのカスタマイズに関する無料相談をおこなっているので、お困りのことがある方は下記の無料相談フォームより気軽にお問い合わせください。

Wordpress
無料相談フォーム

Wordpressのカスタマイズに関する相談ならどんな内容でもご相談ください。
相談への回答は記事にして公開し、公開後はツイッターでもお知らせいたします。
※すべての相談に回答するとは限らない点のみご了承ください

ゾノについて

興味ある方を探しています!

このブログと一緒によく読まれているブログ