2018.09.06 2018.09.15

ContactForm7でURLパラメータ(引数)の値を項目に渡して自動挿入する方法

ContactForm7でURLパラメータ(引数)の値を項目に渡して自動挿入する方法

こんにちは、ゾノ( @ozonosho )です。

さて、今日のブログではContactForm7でURLパラメータ(引数)の値を項目に渡して自動挿入する方法を紹介したいと思います。

WordPressのお問い合わせ系プラグインで最も人気のあるContactForm7において「どのページから飛んできたかを判別して自動的に問い合わせフォームに値を挿入したい」という相談を受けたので実装してみました。

ContactForm7でURLパラメータ(引数)の値を項目に渡す方法

実装は簡単で、functions.phpに下記のコードを追加してください。

パラメータ名称には渡したURLパラメータ、フォーム項目名称には値を渡したい項目の名称をそれぞれ挿入してください。

単純な値をパラメータとして渡すのも良いですし、たとえば投稿IDやユーザーIDを渡せば投稿データやユーザーデータを取得してどんな情報でも自由に問い合わせフォームに挿入することができるようになります。

下のコードは記事タイトルをフォームの項目に挿入する場合の例です。
URLパラメータ「post_id」で渡した記事IDからget_postで記事データを取得して、フォームの項目「your-title」に記事のタイトルを挿入しています。

これで問い合わせフォームの項目「your-title」に記事のタイトルが自動挿入されます。

実際に僕の運営する相談サイト「ココトモ」の掲示板ではこの実装方法でユーザーからトピック・コメントの違反報告を受付しています。

URLパラメータを渡すことでコンタクトフォーム活用の幅がとても広がるのでぜひお試しください。

おわりに

以上、今回の記事ではContactForm7でURLパラメータ(引数)の値を項目に渡して自動挿入する方法を紹介させていただきました。

当サイトではWordpressのカスタマイズに関する無料相談をおこなっているので、お困りのことがある方は下記の無料相談フォームより気軽にお問い合わせください。

Wordpress
無料相談フォーム

Wordpressのカスタマイズに関する相談ならどんな内容でもご相談ください。
相談への回答は記事にして公開し、公開後はツイッターでもお知らせいたします。
※すべての相談に回答するとは限らない点のみご了承ください

ゾノについて

興味ある方を探しています!

このブログと一緒によく読まれているブログ